サイトメニュー

医師の技術や経験が重要

目元に触れる女性

埋没法と切開法がある

二重整形を受ける前には、まず美容外科でカウンセリングを受けることから始めます。しかし、中には医師ではなくスタッフによるカウンセリングが行われたり、執刀医ではない医師がカウンセリングをしたりすることもあります。安心して二重整形を受けたいのならば、執刀医によるカウンセリングが行われる美容外科を選ぶようにしましょう。また、二重整形は一般的には簡単な手術の部類に入るため、どこで受けても同じだと思われがちです。しかし二重幅が1ミリ変わるだけでも顔の印象は大きく変わるため、仕上がりの良し悪しは医師の経験や技術に左右されます。カウンセリングの時にどれだけの経験があり、実際に執刀した手術の症例を写真で見せてもらうなどして、医師の能力を確認する事が大切です。ホームページに掲載されているところもあるので、チェックしてみるとよいでしょう。また、美容系の口コミサイトでも二整整形の上手な医師の在籍する美容外科の情報を仕入れることができるので、それらの意見を参考にして選ぶのが賢明です。二重整形には、代表的な2つの施術方法があります。1つ目の二重整形は二重の襞を作って瞼の裏側から糸で留める埋没法で、メスを使わず簡単にできるのが特徴です。手術にかかる時間も5分から10分と短く、術後はすぐにメイクをすることもできます。糸で留めているだけなので取り外すこともでき、二重の幅が気に入らなかったり、幅を変えたいときにはやり直したりすることも可能です。ナチュラルな二重にするのに向いている方法で、幅広の平行二重などには向いていません。キズも残らず、腫れも3日程でとれます。2つ目の二重整形はまぶたを切開して縫合することによって二重にする切開法で、くっきりとした幅広の平行二重にもできるのが特徴です。目を閉じた時にうっすらと傷跡が見えますが、目をあいている時には見えません。効果は永久に続きますが、手術後にやりなおしたり、二重の幅を変えたりすることは不可能です。術後1週間ほどで抜糸を行い、その次の日からメイクができるようになります。しっかりと二重が落ち着くまでには、3ヶ月程かかります。

Copyright© 2018 パッチリ目元が作れる二重整形【バレにくいのも人気ポイント】 All Rights Reserved.